兵庫県|尼崎市|歯科技工|株式会社オー・プラン・ラボラトリー|補綴物|イオンコーティング|アタッチメント|インプラント|

 

歯冠修復

 

AGCエレクトロフォーミング(クラウン)

AGCエレクトロフォーミング(クラウン)
 

AGC・ガルバーノシステムは99%の純金で製作されます。生態親和性に優れゴールド層の制度は極めて高く耐久性にも優れインプラントの上部構造にも適用されます。またAU99.9%以上は審美性に優れ、歯肉に優しく、耐食性にも良好です。

 

オールセラミック【CAD&CAM】インセラム

オールセラミック【CAD&CAM】インセラム
 
CAD/CAMアルミナ・スピネルオールセラミック・ジルコニア

更に進化したCAD/CAM(インセラム)

早いものでCAD/CAM導入後8年が経過しました、この間審美的には スピネルの前歯向け強度的には臼歯やブリッジ(3歯まで)等に対応してまいりました。今日まで多くの先生方にご採用頂きさしたるトラブルも無く、ご好評を得てまいりました。そして、昨年2011年ジルコニアの検討に着手Aadvaを導入し多数歯ブリッジの製作おも可能になりました。ご存知のごとくジルコニアは金属に勝るとも劣らない強度を有しております。またメタルアレルギーやメタルレスの時代に即応したものと考えられます。ジルコニアにつきましては、シエードにやや難があるやの風評があるやに聞き及んでおりましたが、現在では素材も改良され殆ど遜色ない色調を再現しております。

2013年4月CAD/CAM冠が保険診療に適用になりました。当社では一早く機材を導入し、対応してまいりました。適合性・色調ともご満足頂いております。未申請の先生方には早々に申請されますようお待ちいたしております。  

 

オールセラミックス IPS EMPRESS2

オールセラミックス IPS EMPRESS2
 
オールセラミック・エンプレス2

○エンプレス2のニケイ酸リチュウムガラス結晶が、強度を大幅にアップしました。従来のエンプレス(OCC含む)の約3倍の強度になり天然歯とほぼ同様の強度を有します。

 

○オールセラミックでのブリッジは不可能とされておりましたが、3歯程度のブリッジの補綴も可能になりました。

 

 

○対合歯のエナメル質の磨耗が少なく、臨床的な物性が飛躍的に向上しています。

○製作技法もレアリング法とステイン法による発色技法により審美性をより高めました。

○オールセラミックスの技法はロストワックス法による素材の注入よる製作法ですが、エンプレス2も素材を溶解圧入する技法により溶解圧入と同時にセラミングが行われる為にセラミング時の温度影響を受けない為均一な品質が得られ強度的に大きく改善されました。

 

メタルボンド ポーセレン(MB)新たな陶材「IPSデザイン」

メタルボンド ポーセレン(MB)新たな陶材「IPSデザイン」
 

○ポーセレンの陶材の歴史も長年に亘り1960年代より手掛けられた陶材は国産の松風から発売された低用陶材に始まり輸入品の筆頭はセラムコ陶材でした。その後多くの陶材が数多く発売されたが自然選別され、今は数種類に至っています。そして長期に亘って使用されつづけたのが輸入品であるところのビタ陶材であり、国産でも松風GC社他数社ありますが、中でも国産の松風社から“山本真氏”研究開発などによる色調の改善された陶材も発売されました。(クロマスコープシエードガイド)

 

○シエードガイドがビタシエードと言う事で当社としても長期に亘りビタ陶材を続けてきました。最近イボクラール社より発売された「IPSデザイン」はフルオロアパタイトセラミックの新しい素材は天然歯の磨耗度減少への対応、またクロマスコープシエードガイドによりあらゆる色調の再現性にも対処すべく今回この陶材に切り替えることに致しました。

○この陶材は対合歯に優しい審美的要求をも満たす為の利点を持った陶材と言えると考えて現在取り組んでおります。

 

AGCエレクトロフォーミング(クラウン)

AGCエレクトロフォーミング(クラウン)
 

AGC・ガルバーノシステムは99%の純金で製作されます。生態親和性に優れゴールド層の制度は極めて高く耐久性にも優れインプラントの上部構造にも適用されます。またAU99.9%以上はしんびせいにすぐれ、歯肉に優しく、耐食性にも良好です。

 

ハイブリッドセラミック・ツイニー・ベクトリス

ハイブリッドセラミック・ツイニー・ベクトリス
 

○高分子化合物と言われて久しいが最近ではハイブリット セラミックス等と言われている。これは、粒径の一様でないフィラーが配合されたコンポジットレジンを言いフィラーの粒径の大小が明確にされたことで、一様な粒度分布のフィラーにより、物理的に多様なフィラーの配合ができるようになったことによる長所があるとされています。

○フィラー含有率80Wt%以上のものを複合レジン(ハイブリッド)と言い品質的にはヒトの歯のエナメル質に近い咬耗度を持つ材質として取り入れられている歯冠修復物材料です。

○審美的にはほぼ要求を満たすものであるが基本的素材はレジン材であることに変わりはありません。またベクトリスと言われている素材は多量のフィラーを繊維状に並べられたもので破折強度は極めて高い数値を示しています。(メーカー表示)

<<株式会社オー・プラン・ラボラトリー>> 〒661-0022 兵庫県尼崎市尾浜町1-29-13 TEL:06-6426-5291 FAX:06-6426-5292